スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の初県議会(定例)での活動報告

私の県議会での初議会(定例)が終わりました。国会では憲法違反の「安保法制(戦争法)」が審議され、全国から反対の声が広がるなか、山口県議会では、秋田・長崎と並んで三県のみが、世論に挑戦する「安保法制」の成立を求める意見書を自民・公明党が議案提案し、賛成多数で可決しました。国民・県民を戦争の惨禍に追い込むことを自覚しているのかと怒り心頭です。

 戦争法の廃案を願う世論への挑戦

 県議会最終日の10日の討論では、日本共産党を代表して私が討論を行いました。知事提案の14議案中6議  案に反対しました。
 主な反対理由は、外形標準課税の拡大による、税負担の不公平。
 マイナンバー制度の導入に伴う改正は県民の情報に危険が及ぶ。
 下関中央工業高校と下関工業高校の2校を統合して下関工科高校を新設する議案は、運営費の効率化を優先して、生徒には遠距離通学、地域にはさらなる衰退を押しつけるもの。
 学校のあり方について地域住民の意思が尊重されるよう求めて反対しました。
 5つの請願については、憲法と立憲主義を守るためにも「戦争法案」の成立に反対する5つの請願はすべて採択されるべきとしました。

 国際平和主義にこそ未来

 「安保法制の成立を求める」意見書は、「世論調査でも6割ちかい国民が反対している『戦争法案』の成立を要望するもので国民世論への挑戦そのもの。意見書の趣旨は空理空論に満ちている」として意見書の問題点を1つ1つ指摘し、事実と照らして憲法違反であることを明らかにし、「憲法違反の『戦争法案』の成立を強く要望することは、日本国憲法を蹂躙し、立憲主義を踏みにじる許されない行為」と強調しました。
 そして「県民を代表して、この歴史ある山口県議会に集われている県議会議員のみなさん」と呼びかけ、「この山口県議会が開催されて以来135年。県行政の支柱を担い、県民の平和とくらしを最優先した政治の実現に歴史を刻んできた。その歴史の後半70年間の国政と県政の礎は平和憲法だった」として、当時の文部省作成の『あたらしい憲法の話』から引用して、憲法の役割は家の柱と同じで大切だということ、憲法の国際平和主義は、相手国の立場を尊重して世界中の国が、戦争をしないで仲良くやってゆくことをめざしていると紹介し、「意見書はこの理念に逆行する。憲法を守り、平和外交に徹することこそ、国際平和主義に貢献する道であり、誰もが願う戦争のない国際社会に向かう道だ」として反対を主張しました。

 

6月県議会で初めて一般質問を行いました。

 6月30日、県議会で初質問を行いました。たくさんの方が傍聴のために県議会まで足を運んで下さり、傍聴席にその姿が見え、本当に元気百倍でした。ありがとうございました。
 質問は3回まで。制限時間は全体で30分です。答弁は時間制限がありません。数回に分けてご報告します。


 平和と立憲主義を壊す戦争法案撤回求めよ

 私は、憲法違反で戦争につながる「安保法制」が審議されているときに、県民の命を預かる知事として「憲法守れ」「戦争法は許さない」の意思を国に示すことがとても重要だと考え、立憲主義と安全保障法制について村岡嗣政知事の姿勢を質しました。
 村岡知事は立憲主義については、「主権者たる国民がその意思に基づき憲法において国家権力のあり方について、定め、これにより国民の基本的人権を保障するという近代憲法の基本だ」として「これが崩れるようなことはあってはならない」と明快に答弁されたのに、安保法制については、「国の専管事項」とし、「安全保障は国の責任」との答弁に留まったため、私は「元法制局長官二人が国会での証言で本法案は違憲であると明言し撤回を求めている。立憲主義は堅持されるべき立場なら、違憲の本法案は撤回を求めるべきでないか」と再質問しました。
 知事は「本法案は政府としての憲法の範囲内との考えで提出されたと思っているが、そのことも今色々な議論がされている。防衛は国の専管事項であり言う立場にない」との答弁に終始しました。
 知事自身は、この法案を憲法の範囲内と認識しているのか、国の専管事項として黙っていいのか。その責任は国と大小はないはずです。戦後七十年の日本の平和を支えた憲法です。立憲主義堅持の立場の知事にはもってほしいと切に思いました。

6月県議会一般 質問(憲法、原発、子ども医療)は30日午後2時頃予定です

24日開会した県議会。
29日に代表質問(4人以上の会派)、30日から一般質問が始まります。
知事提案の議案は、地域医療介護総合確保基金関連事業(13億6600万円)を中心とする補正予算が14億4600万余円。地方税法改正等の条例改正が11議案、県の漁業調査船建造や県有地(周南市)の売却等の契約関係、人事案件が出されています。
 私の質問は、30日(火)午後2時頃からの予定です。
 直面する重大問題の安保法制や上関原発の問題、そして公約の一つである「すべての子ども医療費を中学校卒業まで無料に」を求めて質問します。
 木佐木大助県議の一般質問は7月2日(木)からの予定です。


 ぜひ傍聴をお願い申し上げます。

山口市から初めての女性県会議員として頑張ります!

 みなさんから8288票もの貴重なご支持をいただいて、初当選をはたすことができました。
 みなさんと一緒に「当選、万歳」をし、支持者のみなさんと喜びあうことができ本当にうれしいです。
 山口市区、初めての女性県議として私は、みなさんにお約束した公約(教育福祉の充実・上関原発建設ストップなど)の実現のため、ガンバりぬきます。
 こんごもよろしくお願い申し上げます。


 s-DSC03239_convert_20150413164136.jpg


 

春うららかな河畔市道において、私の県議選の政策を皆さまに訴えました!

 今日、8日は早朝は寒の戻りでしょうか?。
 とても気温が低かったですね。寒暖の差が大きな時期ですので皆さん、体調管理にご留意ください。
 天気もよく気温もあがり、午後の椹野川の水面は光かがやき、「春のうららの隅田川はー」の歌の一節のようでした。
 この川の河畔の市道に選挙カーを停車させて、街頭から私の県議選にあたっての政策を聞いていただきました。
 車から手をふっていただく等、みなさんから多くの声援がありました。
 この街頭演説の様子を動画撮影しましたので、ご視聴ください。


 日本共産党 かわい喜代 県議候補(山口市区)
 
 日本共産党 かわい喜代 県議候補の街頭演説

 私、かわい喜代を山口市で初めての女性県議として、山口県議会におくって下さい。
 みなさん、よろしくお願い申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。