スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「県議会議員 かわい喜代 活動報告 (NO 9号)」をお読み下さい。

 みなさん、暑い日が続いていますが、体調にご注意ください。
  さて、今回の「県議会議員 かわい喜代 活動報告 (NO 9号)」は、6月県議会での質問のうち農業問題について報告します。
 みなさん、お読み下さい。
 
  山口県農業をどう守るのか・・農家の所得確保を

過去の議会で、村岡嗣政知事も「農家の所得向上が欠かせない」と答弁されていることを冒頭確認し、『ナラシ対策』の加入率は3%にとどまり、昨年産米価の暴落への交付金も赤字の4割程度であること。円滑化対策も昨年度で終了し、米の直接支払交付金も昨年から7500円に半減し、2年後には廃止されるという今の農政の現状を紹介し、農家の所得向上に取り組むためには、国が過剰米の市場隔離と米穀の需給調整にとりくむこと、米の直接支払い交付金の半減措置と米価変動補填金の廃止を撤回して農家の経営安定を図ることが緊急課題ではないかと知事の姿勢を問いました。

 県、政府に対し強く要望

 部長は、「意欲ある農業者が将来にわたって安心して営農ができるためには、価格低下や自然災害等による大幅な収入減少のセーフティーネットとなる経営安定対策が必要なことから、県としては、お示しの米価に限定した対策ではなく、米に加え、麦・大豆・園芸作物まで含めた、農業経営全体に着目した対策が、国の制度として実施されるべきと考えています。このため、国に対し、昨年の秋以降、経営全体に対するセーフティーネットの充実・強化等を要望しており、先般の政府要望においても改めて強く要請したところです」との答弁でした。

 農業は国民の命綱

 時間もなく、再質問はできませんでしたが、県もこの問題では前向きだと感じました。土地のない私たち消費者にとっても「安心安全な食糧の確保」というごく当たり前の願いとして重要な問題です。そうした問題意識で今後もとりくんでいきます。


スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。